まちづくり交流委員会委員長所信

私は、青年会議所に入会して本年度で3年目となります。素晴らしい仲間と出会い、様々 な事業に参加させていただくことで人と協力して成し遂げる素晴らしさや人と人との繋 がりの大切さを学びました。私が学んだことをまちのために活かし力になりたいと思い を強くし、本年度委員長の職を担う決意を致しました。
近年、核家族化や個人の価値観の多様化などにより地域コミュニティが衰退している 中で、昨今の社会情勢により「ステイホーム」や「不要不急の外出の自粛」という言葉を何 度も耳にし、様々な対策を講じるうちに私たちとまちの皆様との関わり、加えてまちの皆様 同士の関わりもより一層少なくなりました。地域コミュニティの衰退が原因で犯罪や事故に 対する防犯機能の低下、高齢化や独居化による孤独死の増加、火災や地震等に対する防災機 能の低下等の要因になると考えられます。これらの問題は人と人の繋がりを点から線、線か ら円に形成し、まちの皆様同士が日常的に声をかけあい、助け合うことで解決することがで きると考えます。
まちづくり交流委員会では、地域コミュニティの活性化に向けてまちの関係各諸団体、 企業を巻きこみ様々な事業をウィズコロナでも行える形で提供致します。青年会議所が事業 を時代に即した形で構築し提供することで、昨今の社会情勢により希薄化されたまちの皆 様同士の関わりの場をつくり、世代を問わず交流を深めていただき、まちの魅力を今まで 以上に多くの方々に認識していただきます。さらに事業に関係各諸団体や企業を巻き込み、 我々が行う事業に共感を得ていただき、今後まちの皆様が主体となり継続して行えるよう な未来の起点となる事業を構築する事で地域の人と人との繋がりが広がり地域コミュニテ ィの活性化にも繋がると考えます。
限界を突破し今まで以上の大きな事業、未来の起点となるまちづくりを委員会メンバー の協力のもと、一丸となり一生懸命に取り組み楽しむ気持ちを忘れずに一年間運動・活 動を行ってまいります。城陽青年会議所の歴史の新たな1ページを作り、まちの更なる発 展に貢献するために委員会メンバー全員精一杯邁進してまいりますのでご指導ご鞭撻の ほど宜しくお願い申し上げます。「私達に不可能はない!」

スローガン
「THE SKY‘S LIMIT」

委員長 久保 勇次